2019年2月9日土曜日

iPhoneのカレンダーをOutlook 2016に同期する方法

iPhoneのアドレス帳をOutlookに同期する方法

iPhone カレンダー Outlook 同期 アプリ




時々iCloudのコントロールパネルが使えない時があるんだけど (同期 できない)、OutlookにiPhone 8/X/XS/XRのカレンダーと連絡先を同期させる方法ってある?


最近、この手の質問をされることが多くなりました。そんな時わたしは「もちろん有りますよ!EVOのEVO Collaborator for Outlookを使えば簡単ですよ。」と教えてあげます。

エボコラはCardDAV・CalDAVプロコトルを使ったアウトルックのプラグインです。 




7.0 MB程度の小さなエボコラは、CardDAV/CalDAVというプロコトルを使い、カレンダーとリマインダーをOutlookに同期させることが出来ます。


CardDAVとCalDAVって何?


CardDAVとCalDAVは、連絡先やカレンダーに接触するためのプロコトルです。グーグルはこれらのAPIで同期させ、使用者が必要とするサービスに接続するのです。

同期する方法(iCloud/iOS/iPhoneカレンダー <-> Outlookカレンダー)
、とても簡単です。


  1. まず、EVOのサイトからソフトをダウンロードします。EVO's Official Site (管理者権限でインストールして下さい)
  2. 次にOutlookを開き、上部のバナーからEVOのリボンを選択します。
  3. Configure profileをクリックし、上から2番目のProfile(iCloudのプロファイル)を選択します。
  4. 今度は、左側の“E-mail アドレス”という欄にiCloudのメールアドレスを入力する
  5. パスワードについては、現在、iCloudは外部アプリを使うときは“2段階認証(APPパスワード/2 Steps Verification)”と呼ばれるパスワード管理方法を使うことを要求している。その為、普段iCloudにログインする時に使うパスワードをECOに入力しても認証は出来ない(401)。その為、まずiCloudのAPPパスワードを作成する必要がある。このAPPパスワードは、icloud.com のアカウント管理で簡単に作成できる。
  6. まず最初に「Test」をクリックし、次に「Apply」、最後に「Quit」をクリックすると、Outlookとの同期が始まります。同期終了後に、アウトルックの左下部の「予定表」をクリックし、次に「iCloud calendars」をクリックし、予定表が正しく同期されているかどうかを確認して下さい。同様に、「連絡先」→「iCloud contacts」とクリックし、連絡先も同期されているかを確認して下さい。


オンプレミスのEメールサーバー

iCloudは確かに個人向けとしては良いサービスかも知れませんが、もし大切な情報を保存しておくには、そのようなクラウドサービスでは「完全」に「安全」であると言えるでしょうか?

もし、大事な情報を管理するなら、メールサーバーを検討してみてはいかがでしょうか?


iCloudのカレンダー・連絡先をOutlookに同期する方法


0 件のコメント:

コメントを投稿